2017年11月19日日曜日

安全走行のため

ロードバイクの安全走行のため
装備や意識を強化せねばならないことが
いくつかみえてきました

さっそくそのいくつかを

まずはこちら

そうです、バーエンドミラー

首振り自在にて便利もの
サイズはほぼドロップハンドル径
空気抵抗も視覚的バランスも
おっさん的にはクリアかも
後続車の追い越され上手に拍車をかけるべく
インストールいたします

おつぎはブレーキ
デュラに変えて数百キロ
結構なじんでじわじわ締まる気持ちよさ
やめられません
よっていきなりロックはあり得ません
転倒回避

お次はサードボトルケージ
サドル後ろ編
フレームのふたつで足りなくなり
サドル、フィジークアルデアのレールに
3つ目を
癖のあるフィジークのレール周りだけに
部品が限定され数千円の出費に
おかげで、ドリンクにも
タイヤペンチ格納ボトルにも有効な
対策ができましたとさ

安全第一

最後に、おっさんの15度対応ジャージは
パールイズミの真っ青なプリントジャージ
冬用インナーでしばらく目立って走ります
しかしながら、真冬用5度対応ジャケットは
カペルミュール製グレーアンドブラック
ちょっと夜も目立つよう工夫せにゃ
暗い色は要注意ですな
ウインドブレーカーは
背面完全リフレクションなんですが



2017年11月11日土曜日

秋の足音




秋の気配/GRD2

秋が駆け足でやってきた
朝晩はチャリをだすのが億劫で
いじけてしまいそう


いかんいかん

血圧上昇
BMI上昇の昨今
甘い事を言っていれば
えらいことなってしまったこの体型
ずっとこのまま

体動かしましょ

2017年11月5日日曜日

不安解消 タイヤインストール

おっさんがライド時に
そこはかとなく不安になること
まずは水分補給
お次はパンク修理

おっさんのロードにはボトルケージが二つ
暑い時期は近場のトレーニングには
冷たいお茶とアイソトニックをひとつずつ
ちょい足を伸ばすときは
パンク用にツール缶を使うので
水分は1本のみとなります

ここで話しは完結しそうですが
さにあらず
水分我慢してツール缶を搭載しても
パンク修理後タイヤが最終的にホイールに
収まってくれないこと多々あるのです
これはまずいと考え、
トラブったらレスキューを要請するという
なんとも情けない心構えでおりやした
そんなとき、ネットをうろついてると救世主、
タイヤペンチなるツール発見
複数社から同じような形サイズで出てるみたいです
てこの原理でチューブをいたわりつつ
楽々インストール

でもね、こいつかさばるんです
ツール缶になんかとんでもなく
サドルバッグも論外
フレームに括りつけるか
リュックまたはサコッシュ組かですわ
いずれにしろすっきりしないことこの上なく
購入後当分はお蔵入りでした
右側の柄の部分1センチカット


カブトの500mmボトルとペンチ

ちょん切った部分

しかーし、思いついたんです(上画像参照)
長いめのボトルだったら無理矢理入るにではないか
そして、サドルの後ろにボトルケージを増設して
そこにドリンクではなく
タイヤペンチ様にお入りいただくと
果たして結果は、残念賞
1センチ柄が長くボトルの口が閉まりまへん
よっしゃ とばかり糸鋸で1センチ柄を短くして
挿入できました
勿論、ボトルの飲み口の裏部も突起があるので
破壊しフラットにいたします
見事スリーケージ体制完成であります
これで、水分、修理キットとボンベ、タイヤペンチと
リュックなしでセットアップできました

あ、第三のケージ(サドル後ろ)は長距離単独用で
通常はバラして、サドルバッグが代わりにつきます

ちょっとのことですが
修理苦手なおっさんには
ナイスアイデアだと
自我自賛している始末であります

ただし柄が
多少なりとも短くなったので
★てこの原理的には 数パーセント非力になったのでは
ないかという点
★柄の部分の切ったあとはささくれてるので
ペーパーがけ必須です
もちろん改造ですので
完全自己責任で心得てやりましたとさ


2017年11月4日土曜日

川筋ライド




今回は母なる川
一級河川紀の川を遡り
真田丸で一躍有名になった
九度山町を訪ねました
先導は同僚の若手
紀の川市にて合流してライドがスタート

決して25キロ以上出すことのないよう
懇願してのライドでしたが
そこは若手、30キロ近くの巡航になることも

しかしながらほぼフラットで
ゆるゆる上流に上るコース
しかも先導者ありのノードラッグ走法で
完全スリップストリーム

あれよあれよと思っているうちに
全行程終了
九度山の道の駅は
ロードバイカー多し
ちょっとした品評会


2017年10月31日火曜日

フライ エリア フィッシング攻略法

おっさんのホームグラウンドは
近場の渓流ではなく
管理釣り場、そう、エリアフィッシングなのです
お住まいは渓流の近くなのですが
季節問わず釣れて
足場はフラット
自販機から電気ポットまで
そろってるなんて
まさに夢の釣り場
大阪府で唯一の村
千早赤阪村に存在します

そして年一回くらい
無性に行きたくなるのよね

腕にもよりますが、
おっさんの経験では
ルアーよりもフライに分があるかと

攻略法
1 タックルは4番以下のロッド
おっさんは#0ロッド
セージ製SPL#0
リールは同社センターアクシス3100
もう10年以上こき使ってます


2 フライは#14フックの
エッグヤーン系
ミニストリーマーの明るい色と
エルクヘアカディスでなんとか
なりますね
エッグは禁止です

3 ミニストリーマーで広く探って
ルースニングでじっくり
これで水温と日光の具合が
よくなる時間帯を待ちます
真夏以外はお昼ぐらいから
活性上がります
それまではポツリポツリ

4  羽虫が飛び出したり
水面にライズが見られたりしたら
すかさずドライに変更
エルクさんのお世話になります
エルクヘアカディスは
奥が深いものの
ボディー材、ハックル、エルクヘアの
三つのマテリアルで簡単タイイング
一度材料そろえたら
数年持ちます、おっさんの場合

5 いずれにせよロングキャストの必要は
ないものの
渓流よりは広いので
飛ばせるにこしたことはないでしょう
練習しやすい環境でもありますし

ここ何年かで
なんとかコンスタントに
釣れるようになったおっさんでした


今年の千早詣ではちと時期が遅く
気温8度紅葉に向かっています
iPhoneにて撮影











2017年10月27日金曜日

さむいさむい

ここんとこ雨ばっか
体がなまる
もともと鈍りきっている上にまだ鈍ると
こりゃ一大事
勤務終了後、夜な夜なロードバイクを走らせます
ちょっとでもカロリー消費をば

そんな中感じるのは出で立ちの難しさ
グラフのように夜間はぐっと気温が落ちます
今日は12度くらいか

半袖にレーパンはかぜひきのもと
かといって5度対応のジャケットはちと早く

そうだ半袖ニットジャージに長袖インナー
下は七分丈デニム
外はひんやりいたしましたので
ウインドブレーカーもちゃんと着て

走り出しは大正解
寒さも感じませぬ
ただしこれが半時間近く
ケイデンス80あたりでいっちゃうと
だんだん暑くなっちゃうのよねー

というわけで
秋用裏起毛ジャージとレーパンで
夜はなんとかいけそうです
ただし、ポッケにはウインドブレーカー
入れとこっと

あ、もちろん
パールイズミのイヤーカバーは
この時期から夜は手放せません